三重県桑名市のエンダモロジー施術サロン「ソワカ(SOWAKA BODY)」のスタッフブログです!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< シンプル | main | バスボム >>
肌荒れ
花粉も飛び始め、空気も乾燥して、お鼻のまわりや口のまわりなんかカサカサになってきてませんか?


季節の変わり目は体調も壊しやすく、肌が荒れるって言います。

でもこれってなんでなのか考えたことありますか?

私は季節の変わり目に肌が荒れるって言うのが嫌いです。
だってそんなこと言ったら、ずっと荒れてますよ。

春は花粉
夏は紫外線
秋と冬に関してずっと空気の乾燥で荒れてますよね。


日中は日焼け止めとファンデーションでガード。
夜は保湿クリームでガード。

それでも一向にしっとり潤いのある肌にどうしてならないのか。
それは自分自身が持っている自己免疫力を信じていないからです。

人間はもともと皮脂膜バリアがあります。
手の甲に水をかけたらはじきますよね?

あのバリアは手だけではなく全身にあるのです。

じゃあなんで化粧水や乳液は浸透していくのか…
答えは2つ。

バリアが壊れている
バリアを壊して浸透するものが入っている

からです。

なんだか本末転倒です。

日焼け止めやファンデーションでポリマー加工を毎日して、クレンジングと洗顔で毎日はぎ取り、肌のバリアを壊しているとしたら?

そこにまあまあ高価な化粧品をしみ込ませ、また朝になるとポリマー加工。

これが化粧品依存の負の連鎖です。

化粧水、乳液、クリームにまで合成界面活性剤が入っているものがあります。
もちろんシャンプーやリンス、トリートメントにまでも入っているものもあります。
つけたらつけただけ乾燥することもあり得るのです。

お子様のお肌、乾燥していませんか?
そこに過剰なまでにクリームや薬なんかを塗っていませんか?

子供はゴシゴシ洗わなくても良いのです。
自分のバリア機能が正常に機能するのを見守ることも必要なのかもしれません。

規則正しい生活とバランスのとれた食事が何よりの薬です。

できるだけ合成界面活性剤の使用を減らしていくことをおすすめします。
そしてもっと自分の自己回復力を信じましょう!






COMMENT